Kosamota Project

hiyori+トネリコ=∞


だいすきです。
大好きなんです。
ほんとうにダイスキなんです。笑。



大好きなhiyoriさんとトネリコさんの期間限定ショップが
岐阜駅からほど近い古民家ギャラリーでオープンしています。
か〜わいいの、これが。
長居するなっていうのが無理なんです、もう。笑。



hiyoriさんは仲良し作家さんご夫婦の
レザーやテキスタイルのこだわり一点モノが並び、
アクセサリ作家さんのトネリコさんは、
ブリザーブドフラワーのブローチや髪飾りやピアス、
こちらもすべて一点モノの一期一会作品が並びます。



ほかにもhiyoriさんセレクトの素敵なものたちがいっぱい♪
ディスプレイもいつもいつもキラリと光ってて。
なので、ここにいるモノたちはみんなキラキラしています。



ちなみに5~6年前から使っているhiyoriバッグは
手になじみ、とてもいい色になっています。
このポーチはこの夏になちこに嫁入り〜♪
大きさも手触りも心地よく、ついつい手が伸びる子なんだな。



ほかにも大型トートはお仕事に、
プチトートはお散歩に、
名刺入れもコインケースも、と、
すーぱーひよらー”ななちこです。笑。
次のジャケ写真はhiyori&トネリコさんに
お願いしようかと妄想しているくらい。笑。




話に夢中になりすぎていて、帰りに発見っ!!
レザートレーのワークショップ♪
あー2時間も話してたのに、のに、のに。笑。




きのう仲間入りしたのはこの子たち。
新しい仲間は速攻使いたいタイプのわたしです。
いつまでも袋の中の雑誌とか、どして!!??
って思うのですよね。
読みたくてうずうずしないのか!!??みたいな。笑。



ピアスをしてみて、うふふ〜と上機嫌♪
夜のうちに小さなクッキーを焼いてコーヒーを淹れ、
ほっこりしながら鍵のついたリングを眺める。

いや〜好きなものに囲まれてるしあわせ♪この上ない♪



明日までオープンしています。
おすすめ。
またフツーになちこがいるかも。笑。

Salut〜♪

nacci


 
| kosa717 | - | 09:52 | comments(1) | - | -
ウェブリニューアルに伴うブログの移行。
5月17日にウェブがドーンとリニューアル♪

それに伴いブログも移行しました♪

粥川なつ紀オフィシャルウェブサイト

こちらのブログはアーカイブとして、
新しいウェブサイトでもご覧いただけるようにしたいと思います。

これからはもっともっと更新していきますので、
これからもコサモタウェブをお楽しみください♪

粥川なつ紀

| kosa717 | - | 15:08 | - | - | -
もどき。
SN3K03360001.jpg
信州のお土産でいただきました。

薄焼きりんごがどうみても「すかしかしぱん」

すかしかしかしかしぱん

すかしかしかさきさきさかしかんぱん(≧∇≦)(笑)

あらら。
かんぱんになっちゃった(笑)
| kosa717 | - | 05:11 | - | - | -
眠そう。
SN3K031600010001.jpg
レコーディングスタジオにてノンタック♪

眉毛まであるわ。
ふたりしてとっても眠そう〜
春ですなぁ〜♪(笑)
| kosa717 | - | 13:08 | comments(3) | - | -
でーとでーぃ♪


はるですなぁ〜♪ 
| kosa717 | - | 02:25 | comments(5) | - | -
大事なとこ。
SN3K03020001.jpg
ここ。
大事なとこです。
特にこれからの時期は争奪戦っっっ♪

ただ今NHKエフトワに向かい中なり♪
なち喉のボトケ爺が
元気に頑張ってくれますように(≧∇≦)(笑)
| kosa717 | - | 14:26 | comments(3) | - | -
パリ・バルセロナ最終便。
私にとってこの旅はすごく自分の中が開けた旅でした
不安はあってもとりあえず新しい経験に踏み出すというのは
実はこうも簡単なことなんだってすごく感じたし、
それが自分にとって結構な自信になって、
結構な財産になるのかということを、つくづく感じました。笑。

11月29日に行った、自分名義での初めての大ホールコンサート。
去年はこれに向けて自分磨きをとにかく頑張った1年だったんだけれど、
初めての場所へのツアー色んな大先輩とのデュオライブそしてこの旅
いろんな「初めて」の経験が自分の背中を押してくれて、今私はここにいます。

この素敵な素敵な「はじめのいっぽ」を整頓するのに、
自分としてあまりにも時間がかかっちゃったので笑、
・・・いつの話やねんっ・・っていわれちゃうと思って、
ここにリンクでまとめておこうと思います

大型連休の箸休めな一日にでも読んでもらえたらと思います。

なちぞ



出発前の気持ち

帰ってきたよの日。

いざ出陣。

バルセロナ

バルセロナ

バルセロナ

バルセロナ

バルセロナ市街図

パリ

パリ 
 
パリ


パリ

パリ

パリ

パリ市街図


| kosa717 | - | 08:22 | comments(1) | - | -
でかーーーーーーーーーーーーーぃ!!
 
通りすがりに黄色地帯を見つけたのっ
でかーーああああぁぁっぁぁぁぁあーーーーーーいぃ
ほわわんいい匂いでした〜〜

| kosa717 | - | 10:29 | comments(1) | - | -
パリ

最終日。
今日の午後にはもうあの巨大なシャルルドゴール空港へ行くのかと思うと
ゆっくり寝ていることも出来なくて、朝ごはんも早々に、散歩に出かけました。

朝8時。
夜明けの遅いパリの街はまだ眠っている様でした。

とことこ、とことこ、行くけれど、やっぱり人はまばら。
そういえば結構寒かったなぁ・・・
私は強烈な寒がりさんなので、この日も「貼るカイロバァ」でした。

せっかくだから、と朝早くからやっているラデュレへゴー。
お土産といくつかのマカロンをバラで買ってほお張りながら歩きました。幸せ。
日本で食べるのと、やっぱり違う気がしたなぁ・・・・空気かな。笑。


とそのとき、思い出した。
私には相棒がいたことを。。。笑。
パリの町並みを颯爽と歩く、コサモタ・ジェ♪
毛並みが若干乱れているのは、ご愛嬌。

せっかくなので、コサモタ年賀状にしようやないかと作戦会議をして、
それならばやっぱり「オペラガルニエでしょう♪」ということで。
のんちゃん作「コサモタ・ンドゥ」と「コサモタ・ジェ」笑。

ココだけの話。
このオペラ座の前はロータリーになっていて、バスが止まります。
市街を走るバスもそうだし、観光バスも止まります。
通勤途中の方々や通学途中の方々が、みなさん信号待ちをするところです。

片手でこの2人を持って写真を撮るのは結構至難の業。笑。
左手を目いっぱい伸ばして、右手のコンデジ1のカメラは目いっぱい引いて。笑。
あらあら〜〜と指を指されてるのを確実に目視しつつも、
そこは笑顔で返球の粥川でした。

そろそろ荷物をまとめて出発の時間です。
「自宅へ帰る」です。

| kosa717 | - | 19:19 | comments(1) | - | -
パリ

バルセロナから始まった今回の旅も、残すところ2日。

前日はこてんっと潰れちゃったたこともあって、
結構早起きをしました。
朝ごはんにはチーズをいーーーっぱい食べて、元気よく出発!

向かったのは「マドレーヌ寺院」。
朝早すぎて誰もいなくて、
どーんとしてる52本もの柱が一層静かさを際立たせていました。

寸志だとはいうものの勝手に入っていいのか悪いのか分からず、
とりあえず、うろうろしてみる。
でも、なんとも気分が冴えないのでエイっと扉を押してみたら開いた!!

ので入ってみた。

もーねーーーーー何なんだろう。
やっぱり、人の祈りの集まるところというのは、独特の空気がありますね。
祈りが込められた彫刻の造形の美しさや、あの有名なパイプオルガンや、
そういうものから、本人たちの気が出てるんだと思いました。
月並みな言葉かもしれないけれど、かっこいい。

今日も晴天♪

この周りには高級食材店がいっぱい。
食いしん坊の粥川としては、これはもうわくわくどきどきです♪
でも、今回の旅のコンセプトとはちょと違うので、この日はパス。
・・・って思うと、あまり後ろ髪もひかれないもんなんだな♪これが。

だけど、これだけは外せない。
大好きなマカロンの老舗、ラデュレ本店。
ブランチしたかったんだけれど、満員で残念・・・・次の機会には!!


ぷらぷらと散歩をしながら、
雑貨屋さんやモノプリとかのスーパーでお買い物したりして
ぐるっと一周してたどりついた「オペラ・ガルニエ」

パリの初日の夜に弟と待ち合わせた「オペラ座」です。
お天気もよくて、大きな彫刻が一層華やかに見えます。


華やかなのは、外じゃありませんでした・・・・笑。
これでも、バルコニーへつながる待合サロンの天井画。


これでも屋外。


意外と変な顔もある。
ひげはこんなにクルクルに巻かへんやろに。

オペラを楽しむということがどういうことだったのかが分かりますね。
色々な意味で「社交場」という言葉が似合う場所だと思いました。


生憎、この日は舞台稽古の日で、
ステージ以外の照明が落とされていてホールは真っ暗・・・
シャガールの天井画を見たくて行った私としては。。。があっかりぃ〜
時折誰かがこっそり!?撮影するフラッシュの光で
一瞬だけ!!!あ!!!!!っと見える程度。
その瞬間は国籍関係なくみんなやっぱり!!!あ!!!!!っていうのね。笑。
面白かったです。

っと思っていたら、見たい願いが通じたのか、
お稽古が休憩に入って、ぱぱぱぱぱーーーーーっと照明がつきました。
もぅどよめき、どよめき、私の中が一番どよめきです。

はああぁ〜〜〜すてきい〜〜〜〜いぃぃ〜〜〜〜〜〜♪♪♪
2人ずつのシートもなんとも品がよくて美しい。豪華。


円形のホールはどこまでもどこまでも続きます。

オペラ座はオペラ以外の上演はするのだろうか。
なにもしないでいいから、ステージに立ってみたい。
ステージからの景色というものを見てみたいと思いました。

ため息をつきながら、大興奮の自分を落ち着かせるべくまた散歩。
パッサージュといわれる、アーケード商店街を歩きました。
おいしそうなカフェが立ち並ぶパッサージュや、

切手や本屋や古本屋さんばかりが並ぶパッサージュ、
楽器やさんやオフィスがはいってる感じのパッサージュ、

小腹がすいたな〜と入ったビストロでは
お水を頼んだらコーラが出てきました・・・よくあることです。
それと、
小腹・・・だったのに、思いがけずすーーんごいセットを頼んでいたようで、
次から次へとお皿が出てきて、いつまで続くのかとビクビクでした。笑。
・・・まぁよくあることです。笑。

ちなみに私はフランス語は一切話せません。笑。
ボンジョーとメルシーのみ。笑。
オーダーはなんとなく字面をみて、日本語英語と指差しで完了。笑。
私の横ではかわいいポスターが微笑んでくれてました。
こういうの大好き。


散歩途中のギャラリ?をパチリ。
こんな素敵なオフィスならお仕事もパパパっと片付くでしょう。

椅子やさんを見かけて飛びついちゃいました。
ヘリット・リートフェルトの「赤と青の椅子」。
大袋を下げた粥川が反射してますな。笑。
この袋の中には、大きな大きな仕掛け絵本が2冊も入っていて、
一日中とーーーーーーーーーーーーーーーーっても重かった。笑。

その後はサンジェルマン・デュ・プレ地区を散策。
高級住宅地だったりして、カフェもとってもシックでお洒落。
オーダー手袋専門店やオーダーの手作り日傘の専門店、
私は、黒のリボンのついたシルクのサンダルを一足、
自分のお土産に買いました。


夕暮れのセーヌ川。
マリーアントワネットもルイ14世も、
ピカソもシャガールもルノアールもゴッホも、
ココ・シャネルもショパンもあんな人もこんな人も眺めたであろうセーヌの夕暮れ。


自分という人間のちっぽけさを思わずにはいられませんでした。
でもね。
確かに自分はここにいるんだっていうのも感じました。
宇宙の営みからみたら、私の生きてる時間なんてほーんの一瞬のことで、
私の考えや悩みなんて、そりゃもぅ「とるに足らん」って言葉がぴったり。笑。

だけど、その時間の流れの中にやっぱり自分はちゃんといて、生きてる。
その証を残したいというわけでは全くないけれど、笑、
だけれど、この「形が存在している時間」をちゃんと楽しまなきゃと思います。

どんな過去をも日常として受け継いでるように見えたパリは
わたしは好きだなぁと、この川を眺めながら思いました。

| kosa717 | - | 17:40 | comments(1) | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

このページの先頭へ